紫外線吸収剤不使用 日焼け止め

紫外線吸収剤不使用日焼け止め

 

紫外線吸収剤不使用日焼け止めの詳細を確認する

 

日焼け止めの紫外線吸収剤のメリット、デメリットとは??

 

紫外線吸収剤使用の日焼け止めのメリット、デメリットとは??

 

肌が弱い人の日焼け止め選びで 、最も問題になるのが、紫外線吸収剤を使っているかどうか?ですよね。

 

ですが、紫外線吸収剤を使っていない、紫外線散乱剤タイプでも 実は問題点があるんです!

 

なので、それぞれのメリット・デメリットを知って 自分のお肌にはどちらがいいのか?を判断して選ぶ必要があります。

 

紫外線吸収剤不使用日焼け止めのメリット・デメリット

 

出典:ドクターシーラボ

 

ドクターシーラボのホームページに記載されているのがこちら。

 

<紫外線吸収剤をつかった日焼け止め>

メリット:汗に強い、白浮きせずにサラサラを保てる

 

デメリット:肌への負担が大きい、専用クレンジング剤が必須

 

<紫外線散乱剤の日焼け止め>

メリット:肌への負担が少ない、石鹸で簡単に落ちる

 

デメリット:白浮きしやすい、汗に弱い

 

といった点が挙げられます。

 

特にお肌が弱い方は、紫外線吸収剤不使用のモノを迷わず選びがちですが、「汗をかいたり、海など水に濡れる場合」に、散乱剤のモノはすぐに落ちてしまう、というデメリットもあるんです。

 

シチュエーションに合わせて、日焼け止めを使い分けるコトが大切になってきます。

 

<肌が弱い人必見!日焼け止め選びでの注意点>

 

肌が弱い人のクレンジング選びの注意点

 

日焼け止めを落とす専用クレンジングが必要かどうか??

 

お肌が弱い人が日焼け止めを選ぶ際に絶対押さえておきたい2つのポイント。

1、紫外線吸収剤不使用なコト

2、専用クレンジングは不要なコト

 

クレンジング剤を使わないと落とせないものだと、ちょっとやそっとじゃ落ちないということ。

 

裏を返せば「強い、肌に負担がかかる」ってことなんですね。クレンジング剤が原因でお肌が荒れる人が実は非常に多いんです。

 

なので、「紫外線吸収剤不使用」と合わせて必ずチェックしたいのが、クレンジングが必要かどうか?

 

最高にいいのが、ウォータープルーフ、石鹸で洗い流せるモノ、紫外線吸収剤不使用のモノ、この3つが揃えば、お肌に負担なく、しっかり日焼け防止してくれるのでベストです。

・・・この3つが全て揃った、最強の日焼け止めがPOLAのホワイティッシモなんです!ちょっと高めだけれど、爆発的に売れている実力派の日焼け止め。

 

>>最強の日焼け止めの詳細を確認する!

 

 

 

日焼け止め選びでSPFと一緒にチェックしたい項目!

 

日焼け止め選びでSPFと一緒にチェックしたい項目

 

<SPF以外にここも要チェック!>

 

日焼け止めを選ぶ際に注目する「SPF」ですが、数値が高いモノはお肌への負担が大きくなるため敏感肌の人はできれば避けるべき、と言われています。

 

そこで、合わせてチェックしたいのがPAの値!!

 

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類あって SPFで防げるのがUV-Bだけ。SPFがいくら高い日焼け止めでも、肝心のUV-Aは防ぐことができないんです。

 

この2種類の紫外線がお肌に与える影響は実は違って、むしろUV-Aの方が女性に大きな影響を与えることが研究で分かってきてます。

 

UV-B:日焼けにより、お肌が黒くなったり、熱傷のような水ぶくれになるもの

 

UV-A:紫外線により、お肌のシミやシワなどお肌の老化に影響するもの

 

年中、日焼け対策をするのが必要!と言われている理由は、このUV-Aによる影響なんです。

 

このUV-Aをきちんと防げるかどうかが、今後どれだけ肌老化が進むかどうかの鍵を握っているんです!なので女性にとって超重要。

 

 

UV-Aをしっかりブロックできる日焼け止めが重要

 

<UV-Aは1年中 お肌に影響を与えている!>

 

UV-Bは、夏場に増えて秋から春にかけて減るのに対して、UB-Aは年中一定の割合で放出され続けているんです。

 

夏だけ、日焼け止めを徹底して塗っても実はほとんど意味がなく、シミひとつないマダムたちは、口を揃えて1年中日焼け対策は絶対する!と言っているほど。

 

UV-A、UV-Bどちらも徹底ブロック!最強の日焼け止め

 

>>詳細を確認する!

 

ちょっと高めだけれど、爆発的に売れている実力派の日焼け止め。

 

紫外線による肌老化を防ぐためには、1年中 日焼け止めを活用することベスト。

 

ただの肌が黒くなるコトだけをを防ぐのであれば、夏場だけでOKですが、紫外線によるダメージを防いで肌老化を少しでもストップするには、1年中日焼け対策が必須ってことですね。

 

<お肌が弱い人は、状況に合わせて日焼け止めを選ぶコトが重要!>

 

UV-Aをしっかりブロックする日焼け止めを選ぶ

 

どのくらい日に当たるか?状況に合わせてSPFとPAで選ぶ!

 

海など直射日光に当たる状況であれば、しっかり数値が高いものを選ぶ必要があります。逆に、ゴミ出し程度であれば数値が弱いもので全く問題ありません。

 

その時々で、状況に合わせて選ぶのがポイントになってきます。

 

敏感肌の人に選ばれる紫外線吸収剤不使用の日焼け止め

 

POLA 敏感肌用 ホワイティッシモ

 

敏感肌でも使える日焼け止め

 

2歳の子供から使える肌に優しい日焼け止め!

 

POLAの人気の日焼け止め ホワイティッシモシリーズ!

 

紫外線吸収剤も不使用でお肌にかなり優しい日焼け止めなんです。SPF30 PA+++と通勤、通学などの状況に使うには十分な日焼け止め。

 

2歳の子供から使えるほど、お肌に優しいタイプ。

 

クレンジング不要で石鹸で洗い流せるのでお肌が弱い人でも安心。なのに、まさかのウォータープルーフ!!

 

ほぼ美容液成分!乾燥ぜず1日中潤い続く。
日中の美白美容液と言われている POALAの日焼け止め。

塗れば塗るほど、美容液効果で美肌へ!
日焼け止め+美容液効果で、W処方。
これが、ちょっと高いけど、爆発的に売れている最大の理由。

 

>>詳細を確認する!

 

 

 

 

敏感肌の人が圧倒的に支持する!飲む日焼け止めとは??

 

敏感肌の人に注目される飲む日焼け止め

 

塗る日焼け止めでカバーできない日焼けを徹底ブロック!

 

敏感肌の人の日焼け対策で塗る日焼け止めと合わせて最近注目されているのが飲む日焼け止め。

 

塗る日焼け+飲む日焼け止めを合わせて活用する敏感肌の人が増えています。

 

どうしても、肌が弱い敏感肌の人は、SPFも弱いモノしか使えないので、日に焼けやすい状況ができてしまうんです。それを補う目的で飲む日焼け止めをつかう人が増えているんです。

 

ミランダカーなど、海外のセレブを中心に、爆発的に広がっている「飲む日焼け止め」。今や塗る日焼け止めはもう古い!とまで言われ、アメリカでは塗る日焼け止めが主流に。

 

塗る日焼け止めはもう一切不要!話題の飲む日焼け止めとは??

 

>>飲む日焼け止めの詳細を確認する!

 

飲む日焼け止めが最近注目されている理由

 

飲む日焼け止めが注目されている理由が、塗る日焼け止めでカバーできない紫外線をブロックできるから。

 

というのも、実は目から紫外線の刺激を受けると、脳が日焼けしたと察知してメラニンの生成が始まると言われています。この目からの刺激は塗るタイプの日焼け止めではどう頑張ってもブロックできないので、

 

SPF値など高いものが使えない敏感肌の人や、絶対焼きたくない!シミができるのは絶対避けたい!そんな人たちは、続々と飲む日焼け止めも愛用し始めているんです。

 

 

今だけお得に試せる限定キャンペーン中!

 

敏感肌の人の日焼け止めの補助に最適!

 

お肌が弱い敏感肌の人で、絶対焼きたくない人、炎天下でのスポーツや海などに行く予定がある人の必須アイテム。
日焼け止めを塗っていないくても、サンダル焼けすらしなくなると評判のモノ。

 

 

飲む日焼け止めの魅力は、目からの紫外線を防ぐことができること。また、肌に一切塗る必要がないので、お肌に一切負担がかからないところ。

 

敏感肌だと、SPF値が高い日焼け止めを使うと、どうしてもお肌が荒れてしまう人が多いんですね。

 

なので、敏感肌の人、絶対に焼けたくない人は両方うまく活用してますよ!

 

 

>>詳細を確認する!